集団指導塾のデメリット

授業の進め方が自分に合わない場合がある

集団指導の場合、授業はあらかじめ決められた内容に沿って進みます。授業を聞いていて分からない部分があっても、質問できる回数には限度があり、途中から内容が理解できなくなってしまうかもしれません。塾のクラスは成績によって分けられていることも多く、基本的には自分のレベルに合った授業を受けられますが、苦手な分野は人それぞれです。学校の授業でつまずいた箇所と同じところで、またつまずいてしまうと塾に通う意味があまりなくなってしまうかもしれません。逆に、自分が得意な分野で詳しい説明が不要な場合でも、集団授業では飛ばしてもらうわけにもいきません。すでに理解している部分が解説されている時間は無駄になってしまいます。

講師との関係を構築するのが難しい

集団授業の場合、講師は一度に数十~数百人の生徒を担当することになります。そのような状況で一人ひとりの弱点などを把握するには限界があり、生徒が個別に質問するための時間も限られています。また、集団授業の場合は講師と直接会話する機会も限られているため、生徒によっては距離を感じてしまい、気軽に質問できない可能性もあります。授業で分からない箇所があったり、勉強の進め方について相談したいことがあっても、すぐに解消するのは難しい場合があります。塾に対して、講義だけではなく弱点分野の解消や勉強方法のレクチャーなども望んでいる場合、集団授業だと期待外れな面もあるかもしれません。自身やお子さんの学習スタイルを考慮してから塾を選ぶようにしましょう。

© Copyright Find Cram School All rights reserved